お気に入りの靴を長く楽しむためには、靴磨き以外にも細かなメンテナンスが必要です。

 

サンダルの出番が増えるこの時期

いざ履こうとしたお靴にピヨ〜っと糸が出ていることありませんか?

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

このようなミシン糸のほつれは、自宅で簡単に直すことができます。

 

昨年まで、一人で靴修理店(美人靴宇都宮店)を営んでいたので

メンテナンスは大大大得意です(笑)

 

なので今回は、元靴修理店おすすめ!

 

「ほつれた糸を自分で直す方法」をご紹介させていただきます。

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

ほつれてしまった糸はハサミで切っても、

どんどん伸びてきてしまいます。

 

そんなときはーー!

ライターの火であぶって固めてしまいましょう!

 

 

【ほつれた糸の処理手順】

 

1、ほつれた糸を短くする

糸が長く出ている場合は1~2㎜まで
ハサミで短く切ります。

 

2、あぶる

火を左右に振るように少しづつ近づけて、
糸をあぶります。

火は、長時間当てるのではなく
瞬間的に、糸を溶かします。

注意)他の部分を焦がさないよう!

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

3、溶けた糸を押さえる

一瞬で解けた糸を、熱いうちに
ライターの角などを使い押し潰します。

注意)すぐに固まってしまうのスピート勝負

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

このような形で仕上がれば成功です!

 

ほつれてしまった部分をあぶり、

糸を溶かし固めることで

ほつれの進行を止め、強くします。

 

火を使う作業となりますので十分お気をつけくださいね。

 

 

慣れると、とーーっても簡単ですよ!

元修理店のおすすめ小技でした。

 

お気に入りのお靴とのお出かけがもっともっと楽しくなりますよう♪