素材にこだわるHAFLINGERルームシューズについて

もっともーっと知っていただきたくて
『新常識 夏こそウール!』の第3弾です。ぜひ、お付き合いください。

 

 

これまでの、
・第1弾:ウールの吸湿性について

・第2弾:綿とウールの違いって? に続き今回は

 

第3弾、ベタベタチクチク?ウール市場の内緒話です。

 

今までのお話しでは、ウールという素材が

 

・天然素材の中で、最も吸湿性に優れていること
・表面をドライに保ち、接地面を冷やさないこと  …などをお伝えしてきました。

 

でも本当のところ、
夏場のウールが「ベタベタした」というイメージや体験をお持ちの方は
多いのではないでしょうか?

そのベトベトの原因は、ズバリ!
ウールの中に「化学繊維」が混入しているからです。

 

吸湿性が低く、表面に湿気を帯やすい、ナイロンやアクリルなどの化学繊維は
ウールの中に入ると、どうしてもベタベタチクチクします。

 

そのため、化学繊維入りのウールカーベットなどは
触り心地の悪さから、夏は敬遠されています。

(100%ウールカーペットなら、全然違うんですよー!)

 

そして、もう1つ。

 

当店HAFLINGERルームシューズの素材は、
羊さんからいただいた、100%新しい「ニューウール」で作られていますが

 

 

ウールは、廃棄された古いモノを洗って再利用し、
新しいモノと混ぜることのできる素材です。

 

そのため「100%ウール」と表記があったとしても、

それが完全に新しい羊の毛か? それとも何%が再生ウールかなんて、
正直、消費者が調べるのは難しい状況です。

 

化学繊維が入っていれば、ベタベタチクチク。
古いウールが入れば、当然、吸湿性・保温性が落ちてきます。

 

これが、普段知ることのない
ウール市場の内緒のヒミツ話です(*´艸`*)

 

 

HAFLINGERさんも、もっと「ウチのウールはすごいぜ!」って言えばいいのにね(笑)

 

欲がないので、日本では知る人ぞ知る履物ですが、
一年中、ウールスリッパをご利用いただくお客様が多いのは、そんな上質ウールのおかげです。


HAFLINGERオンラインストアはこちら
humming birdインスタグラム
humming birdフェイスブックページ