イギリス赴任中、何度も訪れたロンドン 大英博物館。

日本漫画展が開催することでも、ニュースになっていますね。

 

 

もし、行かれるのでしたら

断然!「裏口入場」をオススメします。

 

というのも、大英博物館は完全無料!

しかも、イギリス最大級博物館ということもあり

正面入り口には、連日 国内外の観光客で長蛇の列ができています。

 

 

無料なので、チケット購入はありませんが

カバンの中身をチェックするため、どうしても時間がかかるんです。

 

 

そこでオススメなのが、博物館裏手にある入り口!

 

 

こちらも正面同様、セキュリティチェックはあるものの

看板も標識も出ていないため、観光客の行列はありません。

 

もちろん、特別な資格や事前予約、チケットも不要!

ただ、通常通りゲートから入り

上記写真の白いブースで、カバンのチェックを受けるだけです。

 

正面入り口なら、1−2時間かかる入場も

裏口なら5分とかからないことも。

 

大英博物館は、トイレやレストラン、お土産屋さんも充実しているので

気軽に入場できれば、とっても便利な施設です。

 

 

おかえりの際は、正面から出て

大英博物館の外観を楽しんでくださいね!


【大英博物館 正面入り口・裏口図】

 

Googleマップに追記させていただきました。

 

大映博物館 正面入り口の真裏(図上)が「裏口」です。

博物館を囲む通りを、左右どちらからでも道なりに歩いて行くと

下記のようなゲートがあります。

 

看板もなく、人もいないため少し不安になりますが

写真右下のゲートから入場し、

白い箱のような部分でカバンのチェックを終えれば、すぐに入場可能です。

 

携帯のGoogleマップをご利用でしたら

1A Montague Pl, Bloomsbury, London WC1E 7JW England

こちらの住所を目指せば、写真の場所が見つかると思いますよ。